自毛植毛の手術の流れと注意点

薄毛が気になる人にとって、自毛植毛はどんな手術なのか気になる人も多いのではないでしょうか。
自毛植毛は、外科手術となりますから、興味はあってもなかなか踏み出せないという人も少なくないはずです。
ただ、事前にどのような流れで手術が行われているのかを知っていれば、少しは敷居が低くなるのではないでしょうか。
自毛植毛の手術を受ける前には、必ずカウンセリングが行われます。
カウンセリングを行って、手術に対しての説明、どのような髪の毛にしていくのかを相談し、不安に思っていることがあれば、医師に相談し、不安を解消しておくことが大事です。
このカウンセリングでは、現在の薄毛の部分の診断と、ドナー部位の診断、薄毛の進行度合いの診断などを行います。
植毛手術を行うことになった場合には、植毛先に移植するドナーが必要になりますから、後頭部や側頭部などのドナー採取部を診察して、ドナーに適しているかどうかをチェックしていきます。
このカウンセリングでは、どのくらいの量を植毛するか、デザイン、どのような方法で植毛するかなどを話し合ってきます。
ドナーの量が少ない場合には、希望をする髪型にはならない場合がありますから、きちんと説明してくれる信頼できる医師を選ぶことが大事です。