遺伝的要因だけが薄毛の原因ではない

男性の代表的な悩みと言えば薄毛ですが、遺伝的要因で薄毛になるだけではなく様々なことが関係してAGAとなることをご存知でしょうか。

薄毛の最も大きな原因として挙げられるのが男性型脱毛症、つまりAGAです。

AGAの大きな原因として考えられるのは、男性ホルモンであるテストステロンが頭頂部や前頭部に多いとされる5αリダクターゼという還元酵素と結合することで強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変わることだとされています。

テストステロンは男性ホルモンであり、本来筋肉や骨格を作ったり発毛を促進したり男性の体を男らしくさせるのに重要なホルモンだとされています。

しかし、5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンに変化してしまうと発毛がしにくくさらに脱毛しやすい状況を作り出してしまうのです。

強力な作用のあるジヒドロテストステロンを頭皮に存在する男性ホルモン受容体が受容することで、毛乳頭などの髪の生やすための組織に脱毛命令を下すことで成長途中の髪の毛やこれから発毛する予定だった髪の毛の成長を止めてしまい、結果的に薄毛になるとされています。

そのため、薄毛を進行させないようにするためにはテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させないように5αリダクターゼの働きを阻害する作用のあるフィナステリドを有効成分とするプロペシアなどがAGA治療薬として有効だとされています。

ただ、薄毛の原因は実はこれだけに留まるわけではありません。

もちろん遺伝など自分でもどうしようもない原因もありますが、日頃の生活習慣が脱毛を進行させてしまう要因となっていることもあるのです。

たとえば、日頃から喫煙習慣がある人は、薄毛を進行させたくないのであれば禁煙した方が良いとされています。

タバコに含まれる有害物質には血管を収縮させる作用があり、この作用によって頭皮に十分に栄養や酸素が回らなくなるために結果的に発毛の沙汰髷になってしまうのです。

また、アルコールの摂取の回数が多い人も同じことが言えます。
アルコールをたくさん摂取すると、肝臓はそれを体にとって無害なものに変換するためにたくさん栄養素を消費してしまいますので、髪の毛にまで栄養が回らないことが考えられます。

加えて、髪の毛の原料となるアミノ酸も多く消費されてしまいますので、薄毛を気にしているのであればアルコールの摂取回数を控えるのが良いと言えるのです。

その他にも、ストレスなどが過剰になっているのも薄毛を助長させてしまう原因となります。

過度なストレスがかかると、血管が収縮したり血行が悪くなってしまうことがありますが、この作用が頭皮に十分に栄養や酸素が行き渡らずに髪の毛は十分に成長できずに脱毛してしまったり細く弱々しい毛になってしまうことが考えられるのです。

このように、AGAの原因は遺伝だけに限らず普段何気なく行っている生活習慣によっても左右されますので、規則正しい生活を送り、嗜好品を控える、ストレスを溜め過ぎないなど、日頃の生活の中で意識して過ごしていくことをおすすめします。
自毛植毛名古屋クリニック.com